いつでも快適な旅を満喫するために知っておくと役立つ情報を紹介

旅行には必須の車レンタカーでより充実した時間を

変化について

金額の傾向についてはどうか

カーシェアリングが流行っています。カーシェアとは時間単位で車を借りることで、レンタカーと違い15分いくらなどと言った短時間の区切りがあることです。レンタカーの場合は半日から1日、あるいは3日からそれ以上とレンタルするときには便利ですが、カーシェアはさらに細かく時間を細分化して、スーパーにねぎを買いに行ったりする場合のわずか30分だけ利用する場合でも安価で利用できる点です。 カーシェアの価格は初期費用がおよそ1500円程度、月額利用料も1500円程度でそれに加えその日に利用した料金が発生します。その日に利用した料金でも15分だけ利用した場合には150円だけとか、半日利用した場合には半日パック料金を適用して8000円とその距離に応じた料金(1キロ150円ぐらい)を払うというシステムです。

カーシェアリングの歴史

このように今までのれんたーとの大きな違いが料金体系と会員になることです。レンタカーは営業所で車を借りて営業所に戻って(あるいは別の営業所で)車を返しますが、カーシェアは基本的には無人の駐車場にカードを使って車を利用します。 このカーシェアは、もともとは日本にはない仕組みでスイスから始まったと言われています。やがて日本にも入ってきましたが、日本がずっと好景気であればカーシェアという制度は受け入れられなかったはずです。最近はカーシェアに限らずルームシェアなども流行っており、自分で所有をすることをせずに利用するという考えが定着してきています。これは20代や30代を中心とした考え方で、カーシェアの年齢層も若い人が多いのです。