いつでも快適な旅を満喫するために知っておくと役立つ情報を紹介

旅行には必須の車レンタカーでより充実した時間を

人気の移動手段

近年は低価格なレンタカーが人気を集めています。

日本国内におけるレンタカーの始まりは、1950年頃です。その後、1965年頃からは自動車メーカーなども業界に参入し、2000年頃までには法律も整備されて、一般的になりました。 2000年を過ぎると、ガソリンスタンドや専門業者による格安のレンタカー事業が行われるようになり、価格競争が激しくなりました。価格競争以外にも車種やサービス面での競争が激しくなっています。 また近年では、カーシェアリングと呼ばれる短時間の簡易的なレンタカーが登場し、超低価格で気軽に利用出来る事から人気を集めています。カーシェアリングの車はコインパーキングやマンションの駐車場などに保管されている場合が多く、スーパーやコンビニの駐車場で見かける事もあります。

今後はさらに普及し、より利用しやすくなるでしょう。

近年は自家用車を所有する人口が減っている事もあり、レンタカーは今後、さらに人気の商品となるでしょう。また、カーシェアリングなどの格安のレンタカーが普及し始めており、人気も高いです。そういった影響を受けて、レンタカー会社同士の価格競争は、さらに激しくなると予測されます。価格以外にもサービスの向上や、借りる事が可能な車種のラインナップも増える事が予想されます。 このように、レンタカーの需要や人気の高まりに伴い、レンタカー会社や車を借りる場所がさらに増えていくでしょう。レンタカーを借りる環境がより整備されれば、自家用車を所有する人口はさらに減少し、通勤以外の目的ではあまり所有しなくなる事が一般的になるかもしれません。